パテックフィリップホーム横川の真面目ブログパテックフィリップご納品

BIJOUPIKO NAGOYA

横川の真面目ブログ

パテックフィリップご納品

 

四月からひと月が過ぎ

春恒例の

別れと共に新たな出会いの緊張にも

慣れてきた五月

 

 

新作に目が向けられるようになるのは当然の事

 

その影で薄れていく別れの記憶

 

 

今日はそんな中でもひと際

名残惜しいモデルのご紹介です( ; _ ; )/~~~

 

 

 

こ、こ、これは?

IMG_0638

 

 

2012年に

パテックフィリップのデザイン部門に開設された

『七宝・彫金・ギョシェ』を行う

希少なハンドクラフト工房の職人技

 

まさに

伝統工芸&美術工芸品なるタイムピース

 

 

5180/1Gー010

 

2針ながらコンプリケーションにカテゴライズされている

お品です

 

 

感激!開封の儀

 

IMG_0630

 

 

 

ディスコンが発表され

これが最後の別れになろうとは…

 

IMG_0637

 

 

ビニールを外すと

感動的な輝きを放っています

 

 

 

オーナー様にとっては

この子が

新たなる出会いですね🎵

 

 

IMG_0643

 

 

 

 

オーナー様家

先住のタイムピース

こちらもディスコンとなった

5960/1Aー001と

初顔合わせ

 

すぐに溶け込んだ様です(=´∀`)人(´∀`=)

 

IMG_0647

 

 

 

佇まいが

気品に溢れております

 

IMG_0650

 

 

オーナー様の元へと旅立ちました

 

IMG_0651

 

 

 

こちらのキャリバーは

240SQU

 

PPシールが刻印されていない事でも有名な

キャリバーとなっており

 

 

若干の仕様変更はあるものの

リファレンス5180としては

2008年からラインナップこそしていましたが

 

そこはやはりパテックフィリップ

ツチノコ現象モデルです

 

 

オーナー様も

超ラッキーな運命の出会い

(言っている意味がよく分かりませんがf^_^;)

 

いくつになっても男は子供ですね

 

二人でキャッキャと盛り上がっておりました笑

 

 

 

 

ちなみに

このキャリバー240SQUですが

 

実のところ

その誕生は1981年と

思いのほか長く

 

 

リファレンス3878Jから

実に36年に渡り

職人から職人へ

技術の継承として製作が続けられています

 

職人さんのセンス・技量に大きく左右されると思うと

その技量の継承は

北斗神拳並みなのでしょうね

 

参照画像:3878J

IMG_0742

 

 

 

また

先ほどPPシールが刻印されていないキャリバーと

お伝えしていますが

2017年新作5180/1Rー001に

搭載される同240SQUからは

 

 

エングレービングに紛れながら

しっかりとPPシールが刻み込まれておりますよ

 

 

 

ウォーリーを探せや

麒麟ラベルに隠されたキ・リ・ン文字のように

是非

見つけて下さいね

 

 

 

IMG_0741IMG_0740

 

 

オーナー T 様

 

誠に有難うございました

 

 

お陰様で

日々、本当に多くのお問い合わせやご来店に

心から厚く御礼申し上げます

 

 

 

品揃えも豊富にご用意して

皆様のご来店をお待ち致しております