パテックフィリップホーム横川の真面目ブログパテックフィリップ バーゼルワールド2017新作

BIJOUPIKO NAGOYA

横川の真面目ブログ

パテックフィリップ バーゼルワールド2017新作

 

こんにちは

 

 

バーゼルワールド2017から帰国致しました

 

現地ではエラーから画像がアップ出来ず

申し訳ございませんでした

 

パテックフィリップサイトや各方面で

画像が出回ってますが

順にご紹介をさせて頂きますね

 

 

 

まずは

全く新しいリファレンスの

レギュラーモデルから

 

 

 

まず一つ目はこちら

 

永久カレンダー

5320Gー001

 

 

IMG_0507

 

 

どこか懐かしさを感じる

顔つき

 

ケース形状然り

ダブルギッシェ(曜日・月の窓表示)に

閏年サイクルを示す窓位置

 

 

IMG_0505

 

 

ケースとラグの一体感に加え

そのエッジのシャープさ

 

 

このケーシングは

ラグも含めた

冷間鍛造による

くり貫き後に切削加工されており

 

 

その道の方であれば

感嘆の声があがる出来映えとなっています

 

 

 

 

懐かしさを回想すると

コチラ

 

 

 

IMG_0603

 

注、画像拝借

 

1980年に生産された

ref,3450

 

 

閏年サイクルの位置が微妙に移動してますが

ケースのシャープさ

パテックフィリップのロゴを含む

各配置など

 

昔を良く知る方々には

思い出されるモデルとなっています

 

 

気になる価格は(全て税抜予価)

 

¥9,020,000,-となっております

 

 

 

 

 

 

 

続いて

二つ目

 

 

 

アクアノート ジャンボ

5168G-001

 

IMG_0541

 

ノーチラスでのみ使用されていた

ジャンボの名称が

このアクアノートにも名付けられました

 

 

ホワイトゴールド仕様のケースは

 

現行アクアノートの5167&5164(トラベルタイム)の

ケース径 40,8ミリに対し

 

1,4ミリアップの42,2ミリとなっています

 

 

 

1,4ミリアップなのに

その違いがわかり辛く

現行5167と比較してみると

 

 

 

5167A_001

5167

 

 

 

IMG_0605

5168

 

 

 

 

並べると

文字盤の中心からアラビアインデックスの距離感や

デイト表示窓のサイズは同じと見られる為

三時付近の違いが

若干分かりますね

 

 

 

しかし

時分針の長さが調整され

実際、手にとって見ると

その差が微塵も感じられない仕上がりです

 

 

 

IMG_0540

 

 

 

文字盤ブルーの深みは

後でご紹介させて頂く

クロノグラフ5170P同様

 

同色なのに

同色なのに!!

 

何故かグラデーションに見える

パテックフィリップ特有の

精緻な仕上がり具合となっています

 

 

 

気になる価格は

¥4,200,000,-となっております

 

 

 

 

 

続いて

三つ目のご紹介

 

 

 

ref,6000からの

モデルチェンジとでも言いましょう

 

 

カラトラバ

6006Gー001

 

 

 

IMG_0516

 

 

ケース径37,0ミリのref,6000からの

系譜だけに

39,0ミリとサイズアップされたものの

違和感が感じられない自然な仕上がりで

 

 

コチラも

前作ref,6000と比較すると

ようやく違いが見つかります

 

 

6000R_001

6000

 

 

 

 

IMG_0606

6006

 

 

時分針の形状と

日付表示針の形状は

容易にその違いが分かりますが

 

ケースのサイズアップに伴う

その他の差が

ここでも自然な仕上がりを見せていますね

 

 

価格は

¥3,090,000,-となっております

 

 

 

その他

新リファレンスはございますが

アドバンスドリサーチやレディース・ハイジュエリーと

なっていますので

 

レギュラーモデルとしての

新機種 3 モデルのご紹介でした

 

 

 

入荷については

例年の通りだと

秋以降の予定となりますが

 

オーダー受付状況など

お気軽にお問い合わせ下さいませ

 

 

電話 0529548109 までどうぞ